家庭菜園をやめてほしい人の理由4つ!

大きな畑がなくても、小さな庭で家庭菜園を楽しむ人が増えています。

しかし、家庭菜園に慣れておらず周りから「家庭菜園をやめてほしい」と迷惑がられる人もいます。

本記事では、家庭菜園をやめてほしいと思う人の特徴と改善方法を5つご紹介いたします。

家庭菜園をやめてほしいと思う人の理由4

採れたての新鮮野菜が食べられる家庭菜園。

「迷惑!」「やめてほしい!」と思っている人は、こんな理由を挙げていました。

  • 虫がすごい
  • 臭いが嫌
  • 排水管が詰まる
  • 草がぼうぼう

詳しく説明していきましょう。

虫がすごい

家庭菜園をしていると、虫の駆除はどうしても必要になります。

しかし、虫の駆除が隣の家も行うはめになり迷惑をかけることもあることを覚えておきましょう。

例えば、家庭菜園が終わった後の野菜の葉をすべて取り除いたら、虫が大量発生してしまうことがあります。

隣の家にも大量の虫が入り込んでしまうと、「すみません、家の家庭菜園のせいでそちらに虫が沢山入ってしまったので、殺虫剤をかけてもいいですか?」とお願いしなくてはいけなくなりますよね。

隣の家の敷地に虫が入ることも迷惑ですが、殺虫剤をまくことも迷惑は話ですよね

このように、隣の家庭菜園が原因で虫が沢山入ってきてしまうと、家庭菜園をやめてほしいと思ってしまいます。

臭いが嫌

家庭菜園初心者だと、勇気肥料を上手に使えないこともあります。

勇気肥料を作るためには、しっかりと肥料になるものを発酵させてから土に埋めて肥料を完成させる必要がありますが、発酵が不十分なまま土に入れてしまうと悪臭を放つ原因となります。

悪臭のまま放置しておくとその臭いは隣近所まで匂うので、隣の人は悲鳴をあげます。

空気にのって嫌な臭いが永遠続くわけですから、隣近所の人たちは大迷惑ですよね!?

このように、肥料作りが上手くいかずに悪臭を放つことが原因で、家庭菜園をやめてほしいと切実に願っている人もいます。

排水管が詰まる

家庭菜園をしていると土が必要になりますが、この土が原因でやめてほしいと思っている人もいます。

原因は、水やりや植え替えなどをする時に土が排水管に流れて詰まってしまう可能性があるからです。

排水管が詰まると、水が上手く流れなくなるので隣近所の家庭にも迷惑がかかります。

私の友達は、隣の人が土で排水管を詰まらせたせいでベランダが水浸しになってしまったと言っていました。

草がぼうぼう

少し大きなお庭で家庭菜園をしている人だと、草の管理をしていない場合があります。

草の管理をしていないと、虫が寄ってきたりゴミを放置されたりするので、周りにも迷惑がかかりますよね。

「このくらいの草ならいいか」という油断が隣近所の迷惑につながっていることもあるのです。

家庭菜園を迷惑かけずに行う方法

どうせ家庭菜園をするなら、迷惑をかけずに楽しく行いたいもの。

家庭菜園をする時に迷惑をかけずに行う方法を箇条書きにしてまとめてみました。

  • 虫の付着はこまめにチェックする
  • 生ゴミ処理機や乾燥器を使い、正しい有機肥料を作る
  • 土が流れないように気を付ける
  • 草は定期的に抜く

食べ物を育てていれば、どうしても虫は付着します。

「ある程度、虫がいた方が安全性が高い」

これはもちろん間違いありませんが、虫が大量発生してしまうと近所に迷惑をかけてしまいます。

虫をみつけたら、ピンセットなどを利用してこまめに排除するように心がけましょう。

そして、悪臭防止のためにも自分で肥料を作る時には家庭で行える生ゴミ処理機を使い、ちゃんとした土を作るように心がけてください。

今は、コンパクトサイズの生ゴミ乾燥器が売られているので、水分をしっかりなくしてから土と混ぜるだけでもかなり臭いは抑えられるはずです。

また、排水管のつまりは隣近所は迷惑していても自分は気づかないことも多いものです。

「これくらいならいいか」と思っていると、自分はよくても周りが迷惑している可能性があるので、土が落ちないように心がけながら鉢植えなどを行いたいですね。

最後に、草が生えるということは虫がつく原因になります。

草もこまめに抜いて、家庭菜園で育てている野菜がスクスクと育つようにサポートしていきましょう!

まとめ

家庭菜園をやめてほしいと思っている人たちは、どんなことが原因でやめてほしいと思っているのかまとめてみました。

  • 虫がすごい
  • 臭いが嫌
  • 排水管が詰まる
  • 草がぼうぼう

確かに、これら4つのトラブルは大きな庭で隣の家と大分離れていれば問題ないかもしれませんが、くっついた家では問題になりますね。

家庭菜園をしようと思っている人は、このような問題が起こらないように注意しながら行いたいものですね。

これから家庭菜園はどんどん増えるはず。

今までと同じ良好な関係をキープしたまま、採れたての美味しい野菜が作れるように配慮しながら楽しんでやっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました